スポンサードリンク


上司が厳しい!怖い!質問できない!そんな上司とうまく付き合う方法

158233232

前回、意地悪な上司をどのようにして
やっつけるかという事について書きました。

あなたの周りに意地悪な上司がいて、
あなたや仲の良い同僚、後輩が被害にあっている場合は、
ぜひ試してみてくださいね。

さて、今回は意地悪な上司ではなく、
厳しい上司、怖い上司との上手い付き合い方について
書いてみたいと思います。


スポンサードリンク

意地悪な上司より厳しい上司の方がやっかい??

捉え方によっては、意地悪な上司よりも
厳しい上司の方がやっかいかもしれません。

意地悪な上司の場合は、
大抵、向こうに非があります。

なので、ちゃんと取り合ってくれる上司に相談すれば
話を聞いてもらえるし、解決してもらえるかもしれませんでした。

しかし、厳しい上司は、
意地悪な事をしてくるわけではなく、
仕事がその上司の求める水準に達していない為、
部下を叱るわけです。

意地悪をされるわけではなく、
あくまで正論で持って叱られます。

だから、他の上司に相談しても、
話自体は聞いてもらえるかもしれませんが、
「まぁもっと仕事頑張ろうよ」
と言った感じで、解決の糸口が見つかる事は少ないかもしれません。

これで上司の事が怖くなってしまうと、
質問もしづらくなり、余計に仕事が進まなくなり、
また叱られ……、という悪循環に陥ってしまうので、
なんとかそれは避けたいところ。

それでは、どうすれば良いのかということで、
上手い付き合い方を3パターン程考えたので、
それを書いてみたいと思います。

 

同僚・後輩に愚痴る

同僚や後輩と怖い上司のことについて話すと、
物凄く盛り上がります。

みんな叱られてるから、
そこに共感が生まれるのです。

僕が昔バイトしていた時にも
物凄く厳しくて怖い上司がいましたが、
それが皆との話題になり、仲が深まったという経験があります。

叱られた後、しばらくは落ち込むかもしれませんが、
素早く切り替えて「あ、これみんなと話す時のネタにできるな」
くらいポジティブに考えた方が良いかもしれませんね。笑

 

仕事以外の所で積極的に関わりに行く

仕事が終わって一息ついている時、または飲み会の時など、
上司と積極的に関わるのも良いですね。

怖い上司なので勇気はいるかもしれませんが、
仕事以外の時は案外優しかったり、
面白い話をしてくれるという事があります。

 

それから、そうやって会話をしているうちに、
その上司が、どういう所にこだわっていて、
だからこういう事をすると叱られる
という事が分かる様になることもしばしば。

そうなってしまえば仕事がかなりやりやすくなりますね。
チャンスがあればぜひ積極的に関わる様にしてみてください。

 

叱られた分だけ成長できるとポジティブに捉える

何やら精神論みたいに聞こえますが(笑)、
これも大切です。

上司はあなたの事が嫌いだから叱っているのではなく、
「もっと成長してほしい」という思いから叱っている事が多いです。

まぁ勢い余って怒鳴り散らしたりしてしまう事もあるのかもしれませんが。

 

なので、指摘された部分をしっかり修正していき、
怒られる頻度を減らしていきましょう。

そうすれば、叱られなくなった頃には
あなたは物凄く仕事ができる人間になっているはずです。

また、叱られた箇所について不明確な部分がある場合は、
勇気を出して質問にいってみましょう。

「俺が言った事を直す気があるんだな」と思ってもらえますよ。
(ただし、叱られた後の質問はあくまで空気を読みながら、です。笑)

 

という事で、厳しい上司との付き合い方3パターンでした。

社会人になり立ての頃や、仕事始めたばかりの頃は、
叱られることも多いかもしれませんが、
それも上司からの愛情の裏返しと捉えて、
毎日精一杯働いて参りましょう!

それでは!

合わせて読みたい関連記事


人気記事一覧

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ