スポンサードリンク


ダイエットで体重の増減を繰り返して真理に辿り着いた話

真理

痩せたいけどなかなか痩せられないという方、多いのではないでしょうか?

 

僕も、学生時代は太っていて周りからは「デブ」と馬鹿にされていたたため、
ことあるごとにダイエットに挑戦してきました。

ある程度頑張って痩せる事は出来るんですが、そこから維持するのが大変だったりします。

 

でもですね、色々試している中で最近になって気づいたんですね。

「あ、痩せるのって簡単だ」って。

 

というわけで個人的にコツだと思うことを書いてみるので是非参考にしてみてください。

 

とりあえず、僕が体重的にどんな道筋を辿ってきているのかというと、

67kg→56kg→67kg→58kg→70kg→56kg→70kg→64kg

中学校から今までに大体こんな感じに変動しています。
(それぞれの時期の詳細はまた別の記事で書きますね)

 

ちなみに現在の64kgっていうのは体脂肪率で見ると今まででベストな数値です。

体重が多くてもそれが筋肉であれば見た目はむしろ引き締まって見えます。

 

絶食or運動

僕が主にやってきたダイエットは2種類。

「絶食する」か「運動する」のどちらかです。

 

「絶食する」っていうのは本屋でたまたま目にした本に書いてあった方法です。

朝と昼は絶食して夜は適度に好きなものを食べるっていうだけの事なんですが、
けっこう効果ありますよ。

始めてから半年くらいで見た目がかなりすっきりして、
それまで履いていたスーツのズボンがぶかぶかになりました。笑

 

ちなみに夜に食べる時間を持ってきているのは、
付き合いなどでご飯を食べにいくことが多いっていうのと、
お昼にご飯を食べると眠くなってしまうのを考慮しての事です。

どちらも当てはまらないという方は、
お昼に好きなものを食べて夜を抜いたほうが効果が高いし健康的です。

 

ただ、こうやって方法を書いといてあれなんですが、
今になって考えるとこのダイエットは失敗でした。笑

 

太っている人ってそもそも食べる事が好きだから太ってるわけで、
一時的には意志の力でどうにかなるかもしれませんが、
それを一生続けられるかって言われたら
自信をもって「イエス」と言える方はほぼいないと思います。

 

しかもこの方法、一度ルールを破ってしまうと反動がやばいです。笑

ダムが決壊するかの如く、今まで我慢してた分、以前よりもがっつり行ってしまい、
体重も元通りを通り越して前に太っていた時よりもさらに太ってしまいました。笑

ということで、今の段階ではこの方法はあまりお勧めしません。

 

 

やっぱり運動が最強

腹筋

ダイエットで成功した2つめの方法が運動です。

運動って言っても主にジムがメインなんですが、行き始めると癖になりますね。

みるみる体が変わってくるので「もっと筋トレしたい!」ってなります。

 

しかも、絶食ダイエットと違って、
食べる事に関してそこまで制限する必要がありません。

むしろ筋トレ後はがっつり食べた方が良いので、
現在は筋トレ後にしゃぶしゃぶとか焼肉とかを思いっきり食べてます。

 

一つだけ制限しているとすれば、夕方以降の炭水化物だけは控えてます。

ジムのトレーナーさんもみんな口を揃えて言うのですが、「太る一番の原因は炭水化物」だそうです。

さらに夜は消化器官も働きが悪くなるため、脂肪になりやすいとのこと。

 

炭水化物を食べるならお昼が良いかなって思います。
僕もお昼は何も気にせず炭水化物食べてます。

 

ということで、ジム通いを習慣にしてしまえば、
好きなものを好きなだけ食べて問題ありません。

むしろ食べる事でどんどん素敵な体になっていく。
これは本当にありがたいことですね。

 

もっと色々書きたいんですが、
今日のところは僕がやっていたダイエットの紹介だけで終わりになりそうです。

本当はもっと書きたい事あるんですけどまた別の記事で書きたいと思います。

始めに書いた通り、ダイエットって実は物凄く簡単なんです。

次回あたりにその辺を書ければなと思います。

 

体重が気になっているって方は、
今日のダイエット方法を参考にしてみてくださいね。

次の記事もぜひ読んでみてください。

 

PS

このブログ、かなり長いこと放置してましたが、
心機一転また再開しようと思います。

自分自身、前にブログ書いてた時とはかなり考え方が変わってきていて、
このブログも徐々に記事の入れ替えを行っていこうと思います。
(とか言っておきながらまたすぐ更新止まったらすいません)

感謝のコメントなどもいただいていて本当にありがたいです。

合わせて読みたい関連記事

人気記事一覧

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ